よかったものだけ

いつもの毎日を少しづつよくするものモノ

【自分を守るために】 許すはよし、忘れるはなおよし / ロバート・ブラウニング

f:id:onimelo:20180927094255p:image

 

許すはよし

忘れるはなおよし

   ─── ロバート・ブラウニング

 

自分を守り、他人に心を支配されないために

今しかないこの大切な時間を

他人に支配させたり

イライラすることはあなたの人生をムダにしています。

 

怒ることは人間の自然な感情です。

人は怒らないでいることなどできません。

 

だけど、人間は怒り続けることもできません。

幸せでいることが普通だからです。

 

悲しみ、心配、不安もあります。

その中から、幸せや喜びを増やしたいのなら、

許してしまえばいいんです。

 

その怒りとは、今この瞬間に、サヨナラ〜。

 

だって、とにかく時間がもったいない。

一度イライラすると、集中力を取り戻すのに時間がかかります。

くだらないことで時間をムダにしても

誰かが返してくれるわけでもないし、

イライラさせられた人は今ごろ人生を楽しんでいるんですよ?

 

もっと自分のことや自分の時間を大切にして

1秒でも多く、自分を幸せにするのは自分次第です。

 

よい1日を過ごす秘訣

許すよりもっといい方法があると、ロバートさんは言います。

 

 許したくなんかない 。

どうしても割り切れない。

 

だったら忘れちゃえ!

許したことすら、忘れちゃえ!

 

自分を悲劇のヒロインにしたって

オスカー賞はもらえません。

 

恨んだり、悲しみにひたることもあるけど、

そのままでいるのは、自分で自分の心を苦しめているだけです。

 

ムカつく相手がいるようで、

苦しめているのは自分です。

 

苦しむことを選んでいるのは自分です。

 

後悔しない人生を望むなら、

怒りつづける努力よりも

今すぐ忘れて、自分を幸せにする努力を。